上手な復縁のきっかけの掴み方は?期間を置いてさりげなくが大事!

復縁に至るには、自然なきっかけ作りがキーとなります。

その理想的なきっかけの作り方は、別れてしまったシチュエーションによっても異なるんです。

どうすれば復縁へのきっかけが掴めるのかを、具体的に解説します!

復縁のきっかけを掴むなら別れてしまう理由も知るべし!

ちょっとしたケンカ


意外に多いのが、些細な事から始まったケンカで別れてしまうというケース。

本気で別れるつもりはなかったのに、突発的に別れに発展してしまうというものです。

しかし、それまでの付き合いに何も問題がなければ、別れ話に発展するほどのケンカにはなりません。

どちらかもしくはお互いが、それまでに言えなかったけれど不満を抱えていたという事なのです。

この不満についてしっかりと話し合う機会が持てれば、復縁もあり得ます。

相手の心変わり


相手の気持ちが冷めてしまった、他に好きな人ができてしまったというのも多いケースです。

これは復縁が特に複雑になるケース。

相手はすでにあなたへの恋愛感情を失ってしまっているので、まずはそこから取り戻さなくてはなりません。

しかし、相手が心変わりしたのには実はそれまでの付き合いに原因がある事が多いんです。

プライドの高い男性は特に、1度付き合う事になったら女性を放ったらかしてしまう事があります。

そんな風に寂しい思いをさせたために、違う相手に惹かれてしまったなんて事もあるのです。

遠距離など物理的な理由


転勤や進学など、遠距離になってしまったり忙しくて全然会えなくなったのが原因で別れに発展する事もあります。

その中でも、単に物理的な環境だけが原因の場合と、さらにどちらかが元々不満を抱えていたり心変わりしてしまったという要因が重なっている場合もあります。

気持ちは好きなままだったけど物理的に会えない事だけが原因であれば、再び距離が近づけば復縁の可能性は大いにあり得ます。

しかし、心変わりも併発している場合は、よりきっかけ作りを慎重にする必要があります。

上手な復縁のきっかけの作り方


別れてしまった理由は、ケンカや心変わりなどがあり、人によっては別れたことにすごく後悔してしまうこともあります。

よりを戻したいと思っても、今はまだ早いかな?すぐに謝っておいた方がいいかな?と迷いが生まれて心の中で悩んでしまいます。

どんな理由であれ、まずはある程度の冷却期間をおいてから、さりげないきっかけ作りが大切になってきます。

相手との距離感を踏み込み過ぎず、あくまで友達としてフランクに接すると良いでしょう。

「今たまたま近所に来てるんだよね、何してるの?」
「君の好きだった映画の続編出てたよね、もう観た?」
「最近どうしてるの?なんとなく思い出したからさ」

というように、懐かしい友達に接する感覚の連絡であれば受け入れられる可能性が高いです。

最初から復縁を匂わせる訳ではなく、さりげない会話で盛り上がってまずは友達として会う約束などを作りましょう。

復縁したい相手に連絡をとるタイミングについて


別れてから連絡をする際は、必ずしばらくの冷却期間が過ぎている事が条件です。

この冷却期間の間は、一切相手と連絡をとってはいけません。

ただし、ケンカ別れの場合は短い冷却期間で早めに連絡を取った方が良いです。

相手が他の人と付き合い始めてしまったら取り返しがつきません。

相手の気持ちが冷めてしまった場合には、少なくとも半年は冷却期間を空け、たまたま近所に行ったとか、偶然を装って連絡するのが自然です。

物理的な理由で別れてしまっている場合は、環境が変わらない限りは復縁しても難しい事が多いです。

お互いの環境が完全に変わらないまでも、前よりは会える時間ができたなど何かしらの変化があったタイミングで連絡するとスムーズにすすみます。

まとめ


復縁でまず難しい課題になるのが、初めのきっかけ作りです。

元々は恋人同士でも一旦別れてしまうと、どう連絡をしていいのかわからないものですよね。

しかし、きっかけなくしては復縁もあり得ません。

正しいタイミングできっかけを掴んで、確実に復縁につなげましょう。