復縁の告白はどんなセリフならうまくいく?効果的なセリフ集

復縁に向けて相手との距離を少しづつ縮めてみたものの、いざ復縁のチャンスとなった時にどんなセリフで告白すればいいんだろうと悩んでいませんか?

復縁は2回目の告白になるため、最初に付き合い始めた時と同じでは相手の心に響きませんよね。

相手が本当に納得して復縁したいと思ってくれるような、復縁の告白に効果的なセリフをご紹介します。

復縁の告白に有効なセリフとその5つの理由

「次はもっと幸せにしたい」


別れてしまったということは、何かしらネガティブな要因がお互いにあったということですよね。

特に相手から振られた場合には、あなたに対してどうしても許せない一面があったということ。

そんな面を無視してただ「好き」とだけ伝えても、相手の警戒心は解けません。

まずは相手に、自分のどこが悪かったのか理解していること、そこを直してでも相手に戻って来て欲しいと思っていることを伝えるのが大切です。

自分が変わろうとしていることをアピールできれば、相手はもう一度チャンスをあげようという気になれます。

「やっぱりあなたほど魅力的な人はいない」


復縁したい理由を述べる時はつい「お互いに良く知っているから」とか「自分のことをわかってくれているから」というように表面的な話をしてしまいがちです。

しかし、そこまで相手のことが忘れられないのは、相手がそれだけあなたにとって特別で魅力的だからですよね。

そこをしっかり認めて相手を尊敬していることをアピールするのも大切です。

しっかり自分の人間性を認めて、褒められたら相手も嫌な気はしません。

「そこまで称賛してくれ愛してくれる相手と付き合えば幸せかも」と感じ始めます。

「ずっとあなたを守りたい」


別れてしまったとはいえ、元恋人はお互いの弱いところもよく知っている関係。

そんな相手だからこそ言えるのがこのセリフです。

相手の弱いところや繊細なところを話したうえで、「そういう部分をよく知っている自分だからこそ守ってあげたい」と言われたら相手もついグッときてしまいます。

押し付けではなく、純粋に相手を想っているというニュアンスで伝えるのがポイントですよ。

「もう2度と傷付けない」


あなたが相手を傷付けるような行動をしてしまい別れにつながったのなら、そこをしっかり認めて謝罪することも大切です。

相手にとってはそれが復縁のネックになっている可能性が高いので、まずはそのトラウマを解消するしかありません。

相手がどれだけ傷付いたのか、自分がなぜ悪かったのかをきちんと理解しているとアピールし、もう絶対に同じことは繰り返さないと約束しましょう。

ちなみにこの時した約束は、何があっても破らないこと。

相手にとってはこれが最後のチャンスである場合がほとんどなので、もし再度同じようなことが起きてしまったら次は復縁できません。

「あなたと新しい関係を築きたい」


復縁の時に懸念されるのは、また以前と同じような関係に戻ってしまうのではないかという点です。

そこをしっかりと払拭するためにも、このセリフであなたは全く新しい関係を築く気持ちがあることを伝えましょう。

悪かった点を改善し、以前より前向きで成長し合える関係が築けるのなら相手にとっても復縁するメリットがあるものです。

感情面だけでは、復縁は乗り切れないもの。

客観的に、復縁したらどうお互いにとって良いことがあるのかを説明できる冷静さも大切なんです。

まとめ


いざ復縁に向かう話し合いの準備が整ったら、あとは相手の気持ちを動かすセリフだけです。

ここで間違ってしまってせっかくの努力が無駄になってしまわないよう、しっかり気持ちを伝えられるストレートなセリフを選んでくださいね。

誠実なセリフを投げかければ、相手も復縁に前向きな気持ちを持ってくれますよ。