冷却期間後に送るとドキッとする!手紙で復縁したい思いの伝え方

別れた相手に復縁を申し込む際、手紙が意外と相手の心を動かします。

最近ではLINEやメールが普及して手紙を書く事など滅多にないですが、だからこそ時間と手間をかけて書いた手紙は気持ちが伝わります。

復縁では、真面目に謝罪して誠実さを見せる事が大事。

そのために手紙をうまく利用してみましょう。

手紙が意外と効果アリ?復縁成功したいなら書いてみよう!


復縁のために手紙を送るメリットはいくつかあります。

まず、メールやLINEに比べて真剣さが伝わるという事。

今の時代に手紙を書く事なんてあまりありませんから、受け取る相手は驚きと感動を感じやすくなります。

また、相手にLINEをブロックされたり着信拒否されたりして連絡が取れなくなってしまっている場合の最終手段としても手紙は使えます。

手紙は時間もかかる分、落ち着いて伝えたい事を考えられるというメリットもあるんです。

どの場合もタイミングに注意が必要ですが、うまくいけば音信不通だった相手にあなたの真剣な気持ちを理解してもらえます。

復縁できる手紙の内容

謝罪を伝える手紙


振られてしまったという事は、相手から見たあなたに何かしら問題があったという事です。

それを素直に認め、謝罪して改善する意志までを真剣に伝えたなら、相手もあなたの変化を感じてくれます。

【例文】
「あれから冷静に考えたけど、君の言っていた事が全て正しかったと思う。そんな自分に付き合わせていた事、申し訳ない。言われたところは本当に直していきたいと思ってる。」

謝罪の手紙では、あくまで相手の主張を全て肯定し自分の非を認める事に努めてください。

ここで自分の主張をしては逆効果です。

感謝の気持ちを伝える手紙


相手への感謝を改めて伝える手紙というのも、復縁につながりやすいです。

特に喧嘩別れなどで気まずく別れてしまった場合、それまでの感謝を伝えられず音信不通になってしまっている事も。
相手の今までしてくれた事に対して、真剣に感謝を伝えましょう。

【例文】
「ちゃんと伝えられなかったけど、君と付き合って本当に良かったと思ってる。君のおかげで成長できたし、今の自分がいるから。本当にありがとう。」

具体的に復縁を迫るというよりは、感謝の気持ちを伝えるだけに留めた方が相手も返事をしやすいです。

ストレートに復縁を申し込む手紙


これは、お互いに嫌いになったわけではないけど環境の変化などで別れてしまった場合に使える方法です。

相手の気持ちが冷めて振られてしまった場合には、逆効果になる事もあるので注意しましょう。

また、冷却期間がありしばらく連絡を取っていない状況であることも条件です。

【例文】
「1人になってしばらく考えたけど、やっぱり君に代わる人はいないとよくわかったし、君の事が忘れられない。もう1度会って欲しい。」

まだお互いになんとなく好きという状況で別れた場合、相手も未練がある可能性が大。

そんな時に手紙をもらったらやはりドキッとします。

復縁の手紙を作成するときに気を付けておきたいコト


復縁の手紙は、何度も出せるものではありません。1回切りの最後のチャンスだと思って、慎重になりましょう。

たとえ思っていたとしても、「どうして電話に出てくれないの?」など連絡をくれない相手に対する不満をぶつけるのは絶対NG。

また、「彼女できたの?」などと最近の様子を詮索するのも面倒臭がられてしまうので避けてください。

「会いたい」「君がいなくて寂しい」「あなたがいないと生きていけない」

と言った絶望感をアピールするようなものもNGです。

こんな内容を手書きの手紙で受け取ったら、相手は怖がってもう口を聞いてくれなくなってしまいます。

重要だからメモして!手紙を送るタイミングについて

良いタイミング


どんな手紙も、必ず冷却期間をおいた後に送るようにしてください。

手紙は特に、しばらくLINEや電話でやり取りをしていない相手だからこそ新鮮に感じられ感動も高まるのです。

少なくとも3ヶ月以上は連絡をしていない期間があった方が、書く事に説得力も感じられます。

特に相手の気持ちが離れて別れてしまった場合は、別れてすぐに追うように手紙を送るのは逆効果。

相手はあなたから離れたいと思っていたのですから、その意思は尊重したうえで半年〜1年後に改めて手紙を送るくらいが良いです。

悪いタイミング


別れてすぐに手紙を送ってしまったり、直前まで電話やメールでしつこく連絡していてさらに手紙を送るというのは厳禁です。

これをやってしまうと、相手にとってはしつこく迫られて追い打ちをかけられているようなもの。

また、相手に新しい恋人がいる場合もこういったアプローチは避けた方が無難です。
恋人に手紙を見つかってトラブルにでもなったら、それこそさらに嫌われてしまいます。

また何度も手紙を送るのも良くありません。

特に反応がないのに送り続けていたら、ちょっとしたストーカーのようになってしまいます。

まとめ


音信不通になってしまった相手や、気まずくて連絡しづらい相手との復縁には手紙が意外な効果を発揮します。

ただ、送る内容やタイミングはとても重要。

手紙は特に何度も送って効果のあるものではないので、慎重に時を見計らいましょう。

ベストなタイミングで手紙を送れたら、相手の心にも深く響き復縁の可能性が高まります。