復縁を確実に引き寄せる!指輪をはめると良い指を知ろう

指輪は結婚指輪や婚約指輪以外にも、それぞれの指によって意味があるとご存知ですか?

はめる指を選ぶことによって、その不思議なパワーを利用して復縁を叶えることができるんです。

指輪は、はめる指によっては恋愛を遠ざけることもあるもの。

正しい指輪の使い方を知って、復縁を確実に引き寄せましょう。

復縁したい時に指輪をはめるのは左手にするのがオススメ

左手はパワーを取り込む手、右手は断ち切る手


指輪は、右手と左手でもその意味が違うとされています。

風水的に右手は気が出て行く手とされ、左手はパワーを取り込む手と言われます。
現在恋愛がうまくいっている人は、右手に指輪をすることで今の良い気を留めることができるんです。
なので、右手に婚約指輪をはめるのも理に適っているんですね。

しかし、失恋中や復縁希望中の人は、右手に指輪をはめるとさらに負のエネルギーを留めてしまうことに。

復縁を目指す場合は、左手に指輪を着けると確実に運気アップにつながります。

復縁に最も良いのは左手の人差し指!


はめる指によって様々な意味を持つ指輪ですが、復縁に最もパワーを発揮するのは左手の人差し指です。

人差し指は願望実現の指と言われ、叶えたい夢を後押ししてくれます。
願望を実現する途中で諦めることがないようパワーを与えてくれるので、人差し指に指輪をしていれば復縁までの道のりを乗り越えられるんです。

また、人差し指は良い縁を繋ぐ指でもあるので、片思いを成就させるのには最適です。
恋人募集中の人や片思い中、復縁したい人は左手の人差し指に指輪をするようにしましょう。

薬指や親指に指輪をはめるのは要注意!復縁したい人は着けてはダメ

薬指はカップルの指!復縁したい人が指輪を着けると逆効果に


左手の薬指は言わずと知れた、結婚指輪をはめる指。

既婚者に見えてしまうのは当然ですが、運気としても「恋人以外を寄せ付けない」という意味を持っているため、シングルの人が着けていると誰も寄って来ないという事態を招いてしまいます。

右手の薬指であっても同様。
薬指の指輪は、決まった相手以外との悪縁を断ち切るという意味があるのです。

復縁したい人や片思いの人など、縁を引き寄せたい人は着けてはダメなので注意しましょう。

親指は自我を強める指なのでタイミングに注意


親指は、マインドを強くし自我を高めると言われています。
お金や仕事のことで大きな目標を成し遂げようとしていたりと、自分1人に向き合って頑張りたい時には指輪をすると良い指です。

ただ、恋愛などの縁は遠ざけがちになってしまうので復縁したい人には向きません。
どうしても自我が強くなってしまい恋愛には向かないのです。

失恋を乗り越えて1人で頑張りたい時には良いのですが、いざ復縁を目指すとなったら親指の指輪は外しましょう。

親指の指輪は、1人で目標に向かって頑張りたいタイミングでうまく利用するのがベストです。

まとめ


指輪は、はめる手や指によって様々な意味を持っています。
はめる指を間違えてしまうと、運気の流れを妨げたり良縁を遠ざけたりすることにもなってしまうんです。

正しい指輪の身に着け方を知ることで、復縁への道のりを指輪が後押ししてくれますよ。

良い縁を引き寄せる指輪の着け方をしていれば、無意識に良い気が流れ、別れた相手から連絡が来ることも。

指輪を利用して幸せな復縁を叶えましょう。