復縁できる手相はどんな手相?結婚線や感情線に注目!

復縁できるかどうかは手相に現れることも多いんですよ。

そこで、復縁の可能性を手相で見ていく方法を紹介していきます。

復縁したくて悩んで、過去のことばかり考えて過ごすのは本当に辛いですから、参考にしましょう。

復縁できるか可能性があるかないかがわかります。

復縁の可能性を手相で!手相の見方をチェック


復縁できるかどうかを手相で見る場合は、右手で見ます。

手相占いでは、左手は先天運で、生まれながらに持っている才能などが分かるんですよ。

右手は後天運で、今の状況を表すので、復縁は右手で見ることになります。

復縁できるかどうかは、結婚線(小指の下から横に伸びる線)や感情線などにも現れることがありますから、自分の手を見てみてください。

ヨリ戻せちゃう!?復縁できる手相はこんな手相!

結婚線の途中がひし形になっている


1本の線になった結婚線の途中が、一度二股に分かれている‥
また、元に戻って菱(ひし)形になっている手相は、復縁の可能性ありですよ!

間違いやすいのが、途中が楕円形でまるくなったもの。

これは「島」といってトラブルの暗示で、結婚に何らかの障害があるという意味になりますからご注意を。

結婚線の下に平行した線がある


結婚線の下を平行して、もう1本の線がある手相は、復縁成功の可能性があります。

一度結婚出来なくて別れるけれど、また復縁することになる手相です。

綺麗に平行して並んでいるといいですよ。

手の平の端から少し離れた場所から、下の線が伸びているのが特徴ですね。

結婚線が3本以上に枝分かれ


結婚線の先端が枝分かれして3本以上になった手相は、まもなく幸運が訪れる兆候です!

この線が現れたら復縁も夢ではありません。積極的に行動して、幸せを掴んでくださいね。

先端が2本に枝分かれした結婚線は、トラブルはあるけれど、乗り越える暗示です。

この場合は、吉兆というわけではありません。

これは要注意!復縁できない手相はこんな手相!

感情線の終点にクロス線がある


感情線の終わりにバツ印のようなクロス線が入った手相は、復縁できない手相です。

手相に現れるクロス線はいくつかの例外はありますが、ほとんどが悪い意味になります。

特に、感情線の終点に濃くでたクロス線は、恋愛運の悪さを表します。復縁も難しくなります。

未練線がある


感情線が途中で二股に枝分かれして、下側の線が手の平の下方向に長く伸びる線を「未練線」と言います。

この線は別名で二重感情線と言われ、とにかく前に進めない状態を表します。

過去に戻りたくて前に進めない状態を表すのが「未練線」ですから、当然復縁も難しくなるんですね。

下向きに伸びた結婚線


結婚線が下向きに伸びた人は、結婚や恋愛に対してネガティブな気持ちを持っていることが多いんですよ。

結婚や恋愛に対してネガティブで、「どうせ男性は浮気するもの」「永遠の愛なんて絶対にない」などと考えてしまいがち。

この線が出たら、恋愛や結婚に対するマイナスイメージを変えていくことをおすすめします。

復縁できない手相でも落ち込まないで!対策法を紹介


復縁出来ない手相に当てはまってしまった人は、落ち込んでしまいますよね。

でも、手相は大体3か月程度で変わっていくと言われています。

今は復縁が難しいだけで、これから気持ちの持ちようで手相も未来もいくらでも変えることはできますよ。

なりたい手相をマジックで書き足すだけでも効果はありますから、試してみてください。

まとめ


手相で復縁できるかどうかを見ていきました。

3か月程度で変わっていくと言われる手相は、これからの未来が流動的だということも表しています。

手相で復縁できる結果が出た人も、出なかった人も、過去に捉われることなく、未来に向けて柔軟な姿勢で臨んでいってくださいね!