元彼と復縁する夢はどんな意味?復縁にまつわる夢占い

復縁を望んでいる時に見る、相手と復縁する夢。

夢占い的にはどんな意味があるのでしょうか?

復縁の夢は基本的には吉夢とされるのですが、その印象や内容によっても夢占いの意味が異なります。

そんな復縁の夢について、本当の意味を紐解いていきましょう。

復縁の夢が持つ基本的な夢占いの意味


別れた相手が夢に出てくるというのは、直接的に復縁が近いというよりはあなたの気持ちの変化を表しています。

復縁したい相手が夢に出てくるようになったら、夢占いではあなたの気持ちに区切りが付いた現れと考えます。

これはあなたの相手に対する執着が薄れ、相手との関係を少し客観的に捉えられるようになって来たという意味なのです。

相手に対する執着が薄れると、より復縁はスムーズに進みやすくなります。

そういった意味で復縁は夢占いにおいて吉夢と捉えられているのです。

さらにケース別にチェック!復縁の夢が本当に意味すること

復縁して幸せな感覚が続く夢は本当の吉夢


夢の中で相手と復縁し、幸せな感覚がとてもリアルに続く夢は予知夢の可能性が高いです。

特に夢の中でも「復縁できて幸せ、ありがたい」という感謝の感情が強く感じられ、そのフィーリングが不思議と目が冷めてからも続くような場合は実際に復縁が近いことを表しています。

このような夢は現実でも復縁に近づいている、良い兆候です。

復縁に向けた話し合いをしている夢はシミュレーション


夢の中で、相手と復縁の相談をしているというような夢は無意識に脳がシミュレーションをしていると取れます。

実際に復縁が近いことを予知して準備している場合も。

その話し合いの内容によっても、復縁に近づいている度合いが変わってきます。

スムーズに話し合いが進み自分の気持をストレートに伝えられていたら、あなた自身の復縁に対する心の準備が整っているということ。

逆にうまく気持ちを伝えられずモヤモヤしていたり、相手とケンカしたりしているようなら、まだあなた自身に手放さなければいけない感情があるという意味です。

しかし、相手とケンカしたり言い合っている夢は、必ずしも悪いものではないんです。

これは現実にはぶつけられない、相手に対するモヤモヤを夢の中で発散しているということ。

こうして要らない悲しみや怒りを夢の中で消化していっているのです。

いずれ気持ちを出し切って準備ができた時に、ハッピーに復縁できている夢を見るようになることもありますよ。

ガッカリしたり落ち込むような復縁の夢は要注意!


好きな相手と復縁できる夢をみているのに、幸せな感情が伴わない夢は注意が必要です。

例えば夢の中で「これはどうせ夢だ」という自覚があって、夢が覚めたら現実に戻ってしまうことに絶望している場合。

こんな場合は「まだまだ復縁は無理」というあなたの抱いているネガティブな気持ちが、強く表れてしまっているのです。

復縁する夢から覚めた直後に「なんだ夢だったのか」とガッカリして悲しくなり泣いてしまうような場合も同様。

こういった場合はあなたのマインドが、まだ復縁の準備ができていないことを表しています。

復縁に近づくためには相手に対する執着を手放し、ポジティブな意識を保つようにすることが大切ですよ。

まとめ


復縁できる夢を見た場合は、それ自体よりも夢の中で感じた自分の感情や夢の印象(明るい、暗いなど)に注意を払うことが大切です。

夢は自分の今の状態を教えてくれるバロメーター。

うまく利用して自分を見直し、復縁に近づけるよう頑張りましょう。