復縁できるメールのやり方とは?相手をドキッとさせる方法を伝授

別れてしまった相手と復縁を狙う際、まずどうメールしたらいいのか悩みますよね。

下手に連絡して避けられたりしてしまっては、絶望的な事になってしまいます。

上手に相手の心を開き、復縁に持ち込む効果的なメールの仕方はあるのでしょうか?

その方法を徹底解説します。

復縁したい人チェック!嫌われてしまうメールと送るタイミング

嫌われてしまうメールの内容


すでに別れているにも関わらず、恋人だった時の距離感のままでするメールは相手に気持ち悪がられてしまう事もあります。

「寂しい」「会いたい」「どうして連絡くれないの?」「他に好きな人できた?」
など相手の現在に土足で踏み込むようなメールは厳禁です。

1度別れたからには、今はあくまで友達。

この礼儀をわきまえられないようでは、相手も復縁したいとは思ってくれないでしょう。

付き合っていた頃のように甘えたくなるのは分かりますが、そこはぐっと押さえて。

しつこく現状を探るようなメールも避けましょう。

メールを送るのに悪いタイミング


失恋後は、どんな関係であっても冷却期間が必要です。

その冷却期間を無視して、別れた直後もノンストップでメールを送り続けるのだけは絶対避けましょう。

せっかく別れ話をしたのに受け入れてもらえないと、相手は「自分の気持ちを全く尊重してくれていない」と感じます。

最悪の場合、あなたの事を本当に嫌いになってしまう事も。

ある程度の冷却期間をおき、お互いへの気持ちが落ち着く頃まではメールはしないようにしましょう。

復縁したい人は真似して!喜ばれるメールと送るタイミング

喜ばれるメールの内容


別れた相手に対するメールは、まずは極力カジュアルにただの友達に送るようなメールに留めましょう。

「久しぶりだね」「元気にしてる?」など気軽に返事ができるようなメールで始めるのがベストです。

また相手の体調や仕事の様子を「その後うまく行ってる?」と気遣う内容も、「別れた後も、友達として自分の事を気にかけてくれてるんだ」と相手は嬉しい気持ちになるものです。

別れた過去は水に流すつもりで、親友のようなポジションで相手に接すると相手は心を開きやすくなりますよ。

メールを送るのに良いタイミング


別れた相手にメールを送る際、まずはある程度の冷却期間が過ぎている事が前提です。

特に相手の気持ちが離れてしまっている場合、半年くらいは空けてお互いに新しい生活をスタートさせてからのタイミングの方が良いでしょう。

数ヶ月経てば新しい生活に慣れ、新しい出会いもある中で、たまにあなたとの事を思い出す時もあります。

そんな時にさりげなくメールが来たら、思わずドキッとしてしまうんです。

いくら良い内容とタイミングでも気を付けて!送るときの注意点


良い内容のメールだったとしても、相手がすでに他の人と付き合っていたり、結婚してしまった場合などは連絡を避けるのが無難です。

相手の新しい関係を邪魔しようとしていると、思われてしまいます。

相手が結婚していない場合に限り、しばらく期間を置いてからメールしてみるのも手ですが、その場合はあくまで友達としてのスタンスを崩さないように。

突然、略奪を狙うような意味深メールをして、相手の恋人に見つかったらトラブルになりかねません。

まとめ


別れの後は、メールをしたくても切り出し方が難しいものです。

そんな時に大切なのは、付き合っていた時の関係は一旦忘れて友達として関係をスタートさせる事。

辛い気持ちもあるかもしれませんが、1度ただの友達として向き合う事で、お互いの良さが改めて見えてくる事もあるのです。

印象の良いメールで前向きに復縁に向かえるよう頑張りましょう。