成功すれば関係長続き!元カノと復縁できるメールの送り方

元カノと音信不通になっている場合は特に、復縁のきっかけとなるメールの送り方は重要です。

失敗すると復縁から遠ざかってしまう場合もあるため、注意が必要。

元カノとの復縁に効果的な、メールの送り方を伝授します!

あなたは大丈夫?間違った元カノへの復縁メールの送り方


元カノと復縁したいと考えている男性は、つい焦って間違ったメールの送り方をしてしまいがちです。

しかし、そんなメールを繰り返しては、復縁への道が絶望的になってしまう事もあります。

特に、別れてから冷却期間をおかずすぐに連絡してしまったり、相手があまり連絡して欲しくなさそうなのに続けて連絡するなどは絶対NG!

そんな事をしては自分勝手だと思われ、相手に余計に嫌われてしまいます。

寂しさに負けて連絡をしたり、すでに別れているのに彼氏気分で

「今何してるの?」「会いたいな」「なんで連絡くれないの?」

と元カノにプレッシャーをかけたりするようなメールもしてはいけません。

あくまで一旦別れた2人なので、冷却期間を置く事、友達としての距離を自覚する事が大切なのです。

復縁したいならすぐ実践!元カノの心を掴む復縁メールの送り方とは?

元カノの好きな話題


まず別れた時点で、残念ながら元カノの心は一旦あなたから離れてしまっています。

自分に興味のない相手を無理に振り向かせようとしても、急には難しいもの。

まずは自分の話ではなく、元カノの好きだった趣味の話題などを軽く振ってみるくらいが良いです。

「あの映画の続編出てたよ、知ってた?」
「〇〇(元カノの好きな食べ物)がめっちゃ美味しい店あったから行ってみて!」
「あの歌手の新曲出たってよ!」

など‥「たまたま思い出した」ような雰囲気のメールの方が、元カノも気軽に返事ができるものです。

共通の友人の話題


長く付き合っていた2人の場合は、共通の友人も多いもの。

そんな友人の話をきっかけにしてみるのも1つの方法です。

「今日たまたま〇〇(共通の友人)に会って、君の話になったんだよね。最近どうしてるの?」
「〇〇(共通の友人)が結婚するってね!結婚式行く?」

など、さりげない世間話の流れで元カノの事を思い出した、という雰囲気なら重くなりません。
ただし、友達の噂話や悪口は逆に印象を悪くしてしまいますので、気をつけましょう。

素直な謝罪のメール


突発的にケンカ別れしてしまった場合は、素直に謝罪メールをするのも良い方法です。

お互いに面と向かってだと、感情的になったり思った事を100%伝えられなかったりします。

その点、メールなら落ち着いて謝罪の言葉を伝えられるので、より誠実さが伝わるのです。

自分の言ってしまった事はもちろん、それまでの関係での自分が悪かった事などを素直に認めましょう。

ここではあなたが反省していると伝える事が大切なので、相手に言われた事を責めたり答えを強く求めてはいけません。

あくまでシンプルに謝罪の言葉だけを述べてください。

元カノと復縁したい人必見!元カノへメールを送るときのタイミング


突発的にケンカ別れした場合は、2週間程度の冷却期間で早めに謝罪メールを送った方が良いです。

これは、ケンカを長引かせるとさらにこじれてしまうため。

しかし、相手の気持ちが冷めて振られてしまった場合などは、数ヶ月〜半年の冷却期間をおくべきです。

残念ながら相手の気持ちはすでにあなたから離れて、新しい道に歩き出してしまっています。

このタイミングで無理に追いかけても、印象が悪くなるばかり。

ですから、まず全く連絡を取らない冷却期間をおきます。

そして相手が新生活に落ち着いて、冷静に過去を振り返る余裕ができた頃にメールをするのがオススメです。

まとめ


元カノと復縁したい時は、寂しさのあまり衝動に任せてメールしてしまいがち。

しかし、それでは復縁できるものも台無しになってしまいます。

本気で復縁を考えるなら相手の意志を尊重し、冷却期間をおいてください。

その間に自分を磨き、自分が振られてしまった原因を克服しておきましょう。

そうすればいずれ復縁したとしても、関係が長続きしやすくなります。