復縁したい時にこれは絶対やってはダメ!復縁のNG行動集

NG行動を取ってしまうことにより、復縁できるはずの関係も台無しにしてしまっている人がいます。

でも、NG行動をしっかり理解していれば、正しいタイミングで復縁のチャンスを掴むことができます。

そんな復縁の絶対NGな行動を知って、復縁のチャンスを逃さないようにしていきましょう!

復縁にこれは絶対してはダメ!代表的な5つのNG行動

1.相手に泣いてすがる


別れを告げられた時、ショックのあまり相手に泣いてすがりたくなる気持ちは誰しもあるものです。

しかし、実際にそれをやってしまうと、復縁への希望を絶望的にしてしまいます。

プライドを投げ捨て泣いてすがるあなたを見て、付き合い始めた頃の恋する気持ちは相手から消え失せてしまいます。

ここまで相手の気持ちが冷めてしまうと、復活させるのはさらに至難の技に。

自ら復縁のハードルを上げてしまわないためにも、別れを告げられたらまずは相手の意志を尊重し冷静に受け入れることが大切です。

2.冷却期間を置かず連絡し続ける


復縁への現実的なステップを踏むためには、適切な冷却期間が絶対必要です。

その冷却期間を無視して相手に連絡し続けるのは、自分の印象を悪くしてしまうだけ。

これは別れたいと言った相手の意志を無視しているとも取れますし、別れの事実を現実的に受け止めていないとアピールしてしまっているようなものです。

ただ寂しいという感情に任せて元彼に連絡をしてしまうようでは、非常に頼りない印象を相手に与えてしまいます。

寂しさにグッと耐えて、まずは冷却期間を乗り越えることです。

3.相手を責めてしまう


別れて寂しい、辛い思いをしたがゆえに、冷却期間が過ぎて再度連絡を取れるようになっても無意識に相手を責めてしまう人がいます。

「あなたのせいで私はこんなに辛い思いをしている」
「どうせあなたは私と別れて楽しくやっているのよね」
というように、相手の決めた別れという決断を否定する気持ちが湧いてきてしまうのです。

でも別れるという決断は、相手も苦渋の策として決めたこと。

最初から別れたくて付き合い始める人なんていません。

相手もまた、別れて何かしら辛い思いをしているのです。

自分本位に考えて相手を責めてしまわないよう、気遣いを忘れずに。

4.自分を責めて卑屈になる


別れた原因が自分にあると感じ、自分を責め続けるのもNG行動のひとつです。

別れた原因を理解するのは大切なのですが、そこで卑屈になって「どうせ私なんか」と自分を責めても何も変わりません。

相手に対し「どうせ他の人がいいんでしょう」と攻撃的になるのも、もってのほかです。

別れた原因がわかっているのなら、そこから学び自分をどう変えて行けば相手が戻って来てくれるのかを考えましょう。

あくまで前向きに物事を捉えることが大事です。

5.ズルズルと体の関係を続けてしまう


絶対ダメなNG行動のひとつに、元彼と中途半端な関係を続けてしまうというのがあります。

中途半端に関係を持ってしまうと、復縁への道のりはさらにこじれてしまいます。

相手にとっては、あなたは付き合っていないのに呼べば来てくれる都合のいい人になってしまうのです。

さらに、別れたのに関係を許すルーズな人という印象も持たれてしまいます。

冷却期間は会わない、相手から誘われても中途半端な関係には応じないという強い意志も大切です。

まとめ


復縁を目指している時、ついやってしまいがちなNG行動。

相手のことが好きだからゆえの行動ですが、そんなNG行動がさらに復縁を遠ざけてしまうのです。

復縁を目指すと決めたならNG行動とは決別し、意志を強く持って復縁に向かっていきましょう。