lineを使って復縁の可能性を高めよう~良いタイミングと送り方~

復縁したい時にはlineを使ってみるのもおすすめ。

そこで、元カレ元カノにlineを送るタイミングや、やりとりを復活させるきっかけづくり、lineを送るときの注意点をお伝えしていきます。

lineの軽いやりとりから始めてみたら、出会った頃のような気持ちにまたなれた、なんてこともあるので頑張ってください!

復縁したい相手にlineしたいならベストタイミングを狙え!


復縁したければ必ず一定の「冷却期間」を置くべき。

特に相手に別れを切り出された人は、最低でも2か月、できれば3か月以上は間を置いて連絡してください。

自分から別れた場合も「自分勝手」と思われてしまわないよう、1か月以上は間を置くのがベストです。

lineを送るタイミングは、冷却期間の後、元恋人の誕生日や記念日、それから元恋人が失恋して弱っている時などもベストタイミングです。

友達感覚で軽い内容で送るのがポイントですよ。

最初が肝心!lineを始めるきっかけ作りの方法

lineのステータスメッセージを利用してみる


lineのステータスメッセージは、500文字以内のメッセージを入力しておけば、友達全員に表示される便利な機能なんですよ。

元カレ元カノに連絡するのは勇気が必要ですよね。

でも、この機能を使えば、伝えたいメッセージを、lineでつながっている元カレや元カノにも見てもらうことができるんです!

2人の共通の趣味に関わることや、元恋人の興味のあることを表示しておけば、またlineでつながるきっかけになるでしょう。

誕生日祝いのメッセージを送る


誕生日おめでとう、というメッセージをもらって、嬉しくない人はいませんよね。

元カレ元カノの誕生日のお祝いメッセージを軽い感じでlineで送ってみましょう。

自分の誕生日を憶えてくれていたことに感動してくれるかも知れませんし、それがきっかけで、やりとりが復活することだってあるのです。

あくまで友達感覚で、あっさりとしたメッセージを送って様子を見てくださいね。

lineのアイコン画像を変えてみる


lineで復縁する方法のひとつに、lineのアイコンを変えてみるという方法もあります。

アイコン画像を最近撮った自分の画像に変えてみたり、楽しそうにしている場面にしてみたり。

付き合っていた頃よりも綺麗になって、楽しそうにしているところを見せられたら、「もったいなかった!」と思い直して、連絡してくれる可能性だってありますよ。

間違いメッセージを送ってみる


復縁したい相手に自分からメッセージを送るのは、下手をするとしつこいと思われるので、難しいですよね。

でも、間違いメッセージを送るんだったら、しつこい印象は持たれないです。

別の友達に向けたメッセージをわざと送って「ごめん、間違えて送ってしまった」と謝れば、それをきっかけにまたやりとりが始まることもあるかも。

メッセージの内容は、重たい内容はNG!あくまで楽しい雰囲気で送ってくださいね。

復縁したい相手にlineを送る前に覚えておいて!送る際の注意点


復縁したい相手にlineを送る前に、気を付ける点があります。

まず第一に、復縁したいという自分の気持ち、「下心」は相手に絶対に気付かれないようにすることです!

過去のことは忘れて今の生活を楽しんでいることをアピールしてくださいね。

決して未練タラタラの日々を送っているなどと気付かれてはいけません。

別れた後は最低でも1か月は冷却期間をおいてから連絡してください。

冷却期間を置かずにlineを送ってしまうとブロックされたりする可能性もありますから、気を付けることです。

まとめ


別れた相手に自分からlineを送るのは、難しいことですね。

でも、何かのきっかけでやりとりが復活できたら、復縁の可能性は、一気に上がることは間違いありません。

冷却期間を置いて少し2人の関係が落ち着いた頃に、こちらの記事で紹介したlineを使って復活する方法を試してみてください。