復縁に最も重要なのはタイミング!正しいタイミングの見極め方

1度別れてしまった相手と復縁するには、タイミングが最も重要です。

連絡するタイミングや復縁を持ちかけるタイミングを間違えると、嫌われて修復不可能になってしまうことも。

そんなことにならないよう、復縁に大切なタイミングについて伝授します。

復縁のタイミングには必ず冷却期間が必要


復縁に向けてアプローチを進める前には、必ず冷却期間が必要です。

冷却期間とは、相手と全く連絡を取らず距離を置く期間のこと。

この冷却期間をしっかりと置かずに無理矢理アプローチをかけてしまうと、相手に敬遠されてしまうこともあります。

冷却期間の目安は別れたシチュエーションによっても異なります。

正しい冷却期間と、再アプローチするタイミングについては以下に説明していきます。

シチュエーション別・復縁に適したタイミング

突発的にケンカ別れの場合


些細なことがきっかけで突発的にケンカ別れしてしまった場合は、基本的に短めの冷却期間で早めにアプローチをかけることが大切です。

ある程度の冷却期間は必要ですが、1ヶ月程度で十分。

それ以上期間を置いてしまうと、始めは些細なケンカからの別れだったのに
「連絡も来ないし、本当に別れたかったんだな」
と誤解され相手が別の人と付き合いだしてしまうこともあります。

1ヶ月もすればケンカの怒りも収まり、相手はあなたがいないことに少し寂しさも感じるようになるもの。

そのタイミングで連絡し、素直に謝罪すれば復縁への道は比較的簡単です。

相手の気持ちが冷めてしまった場合


相手の気持ちが冷めたことで別れを告げられた場合、無理に追いかけても逆効果です。
この場合はある程度長い冷却期間が必要。

最低でも半年~1年は冷却期間を置くことをオススメします。

その間に、相手に冷められてしまった要因はなんだったのか見つめ直すことも重要。

相手が冷めたということは、今のあなたのままではもう好きになってもらえないということ。
まるで別人のように内面から変わる必要があるのです。

冷却期間中に自分磨きをし、仕事や趣味に精を出して自分の世界を広げましょう。
そして冷却期間後、「たまたま近所に行ったから」など何気ないタイミングで友達として連絡します。

イキイキとしているあなたを見れば相手も、再び気持ちが動きます。

相手に別の相手がいる場合


相手に新しい恋人ができてしまった場合、復縁のタイミングはさらに難しくなります。

この場合も半年~1年以上の冷却期間を置いて、相手があなたとの別れで感じた嫌な思い出を忘れるタイミングで連絡します。

半年~1年も付き合っていれば、今の恋人に多少の不満は生まれるもの。
それに対してあなたとの思い出は過去で止まっているため、時間が経つにつれて美化されていくのです。

そんな時に、前よりキレイになって仕事や勉強を頑張っているあなたが再び現れたら心が揺れてしまいます。
タイミングを利用して、彼を再びあなたの方へ振り向かせましょう。

遠距離など物理的な理由で別れた場合


仕事や学校で遠距離になった、忙しすぎてすれ違ってしまったなど物理的な要因で別れた場合、お互いに好きな気持ちは残っているものです。

ただ、別れの原因となった物理的な理由が変わらない限りは復縁が難しいのも事実。

この場合も半年以上の冷却期間を置きます。

その間、別れた原因となった環境を変える、会う頻度を増やすための対策を考えるなど、復縁したとしても再度別れてしまうことのないよう準備を進めましょう。

このケースでは相手もまだ好きな気持ちが残っていたはずなので、あまり時期を置かずに向こうの気持ちが残っている間にアプローチするのがカギです。

しばらくの冷却期間後、相手がシングルになり寂しさを感じ始めるタイミングで、思い切って会いに行くなども有効。

情熱的な行動に出れば、案外相手の心は簡単に動きます。

まとめ


復縁を叶えるためには、タイミングの使い方がとても重要です。

正しい冷却期間とアプローチのタイミングを計算することで、確実な復縁を手に入れられるのです。

1度は別れてしまった相手ですから、ただ「好き」だけでは通用しないもの。

しっかりとタイミングを計算して、復縁を叶えましょう。