本気で復縁したいならこれを実践!押さえておくべき復縁のテクニック

復縁には、いくつかの効果的なテクニックがあるんです。

そのテクニックを正しく駆使できれば、高い確率で復縁が可能。

実は復縁はテクニック次第では、そんなに難しいことではないのです。

復縁を叶えるために必要なテクニックについて詳しくお伝えします!

復縁に必ず必要なテクニック5つ

1.沈黙のテクニック


本気で復縁したいなら、沈黙をうまく活用しなければなりません。

この沈黙って、簡単なようでいて意外と1番難しいんです。

付き合っている時は相手といつでも連絡が取れるのが当たり前だったのに、別れた後はそうはいきません。

大抵の人はその現実をうまく受け入れられず相手に連絡してしまうのですが、その未練タラタラの行動が復縁を絶望的にしてしまうのです。

復縁を狙うなら、まずは完全に沈黙して冷却期間を置くことが必須。

人のネガティブな記憶は時間の経過とともに薄れていくので、まずは別れに至ったあなたに対するネガティブなイメージを、相手に忘れてもらわないとなりません。

復縁したいなら、まずは沈黙。

このルールは絶対破らないように注意してくださいね。

2.冷却期間のテクニック


さて、沈黙を守る冷却期間ですが、どのくらい置けばいいのでしょう。

一般的には、最低でも3ヶ月くらいは置きたいところです。

直前まで仲良くしていたのに突発的なケンカで別れてしまったという場合のみ、1ヶ月程度の冷却期間で早めに謝罪することをおすすめします。

そうでない場合は、別れた原因がもっと深い部分にあるため、しばらく距離を置かなければ相手の気持ちは変わりません。

最低でも3ヶ月以上は冷却期間を置いて復縁の機会を待つのも、ひとつのテクニックです。

3.SNSのテクニック


相手とSNSでつながっている場合、それをうまく利用するのもテクニックです。

別れた後、落ち込んでいたり復縁のことばかり考えているような印象を相手に与えてしまうのは逆効果。

ケロッと別れのことなど忘れたかのように、楽しく過ごしている姿をSNSでアピールするのも手です。

特に相手からあなたのことを振った場合、多少は罪悪感も感じているもの。

でも、それと裏腹に楽しそうなあなたを目の当たりにしたら、相手は自分から別れたとはいえちょっぴり嫉妬を感じてしまうものです。

嫉妬までいかないとしても、「別れから立ち直って元気に過ごしているんだな」と前向きなあなたに対してポジティブな印象を抱くのは間違いありません。

4.自分磨きのテクニック


別れた後に復縁できるかどうかを大きく変えるのが、自分磨きができるかどうか。

別れた後、ひとりで過ごす時間を復縁をただ望むのに費やすか、自分自身をもっと魅力的に変えるために費やすかはあなた次第です。

別れた当時と全然変わっていないあなただった場合、冷却期間を経て良いタイミングで相手と再会できたとしても、また好きになってもらえる可能性は低いです。

復縁したいなら、気持ちを切り替えて新しい趣味を始めたり勉強したり、キャリアアップを目指すなど自分磨きをする時間が必要。

やがて再会した時に確実に相手の気持ちを動かすためにも、前より魅力的になっておかなければならないのです。

5.感情コントロールのテクニック


冷却期間や自分磨きなど、全ての復縁テクニックに関係しているのが感情のコントロールです。

別れた後はつい悲観的になってしまったり、彼にもう会えないのではないかと焦って冷却期間の途中に連絡してしまうことがよく起きます。

しかし、そのように感情にのまれて行動してしまうと、より復縁の可能性を下げてしまうだけ。

うまく復縁に近づけるためには、絶対自分は復縁できると信じてネガティブな感情をコントロールする強さが大事なのです。

この感情のコントロールが、適切な冷却期間を置き自分磨きをするためにも大切なテクニックになります。

まとめ


復縁は勢いで迫ってうまくいくものではありません。

適切な時間を置き、感情をコントロールしてテクニックを駆使する計画性が必要なのです。

逆に言えば、それができれば復縁は難しくないということ。

上手にテクニックを使い、確実に復縁を手に入れましょう!